2017年6月29日木曜日

7月教室の日程・内容(レモンメロンパン)


7月の教室の日程と内容が決まりました。



















2017年7月の自家製酵母パン教室


【メニュー】

レモンメロンパン

先月は野菜を使ったパンだったので、

今月はシンプルな食事パンもしくはスイーツ系パンを、と考える中で、夏でもおいしく食べられるパンを狙ってレシピを作りました。

普段あまり菓子パンらしい菓子パンを作らない当教室ですが

久々に超王道のメロンパンを、夏仕様で。
生クリームを配合したふんわり生地にレモンピールを入れ、
クッキー生地にもほんのりレモン風味をきかせて焼き上げます。
ピールが生地のしっとり感を保ち、軽く冷蔵庫で冷やしてもおいしいです。
トップはグラニュー糖をまぶしてあるメロンパンが多いですが、
私がおつたえするものは素のままのクッキー生地で焼いていきます。
甘さがくどくないのでぺろりとお召し上がりいただけると思います。
ぜひ、つくりにいらしてください◎

※今回の酵母は未定です。決まり次第こちらに追記します。

【日時】

各回10時〜13時半、定員6名
(最低4名以上での開催になります)
7月13日(木)満席
7月14日(金)満席
7月16日(日)満席
7月18日(火)あと2名  
7月19日(水)満席

※6月29日時点での状況です。キャンセルなどで変動している場合もございますので、

最新の空き状況はお尋ねください。

【料金】

レッスン料4500円
レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。
今月の酵母は未定ですが、ご希望の方は
レーズン酵母でしたら仕込んでお持ち帰りいただけます。
※レーズン酵母は事前のお申し込みは不要です。当日お申し出になってください。
(瓶代100円+レーズン代100円)

【持ち物】

エプロン、ハンドタオル、筆記用具、容量1000cc程度のタッパー
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
タッパーは、教室で捏ねた生地を持ち帰るのに必要です。
生地が発酵しやすく出しやすい、7〜8cm以上の高さのある角型タッパーが望ましいです。酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。
瓶はこちらでご用意することも可能です(100円)。

【キャンセル料について】

材料準備・仕込みの都合により、
前日キャンセルは参加費の半額、当日キャンセルは全額を申し受けます。
ご協力をお願いいたします。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、

教室のご予約方法、ご注意点 を必ずご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室のおおまかな場所など記載しております。
※場所の正確な所在地はご予約確定後にお伝えしております。

それでは、ご予約お待ちしております◎



2017年6月22日木曜日

6月の教室の様子

6月の教室がスタートしました。

月の前半は梅雨入りしたとは思えないほどのお天気続きでしたが
後半の教室が始まった途端の雨。
いつもお越しいただいている生徒さんがお庭の紫陽花を差し入れにくださり
雨でもさわやかなテーブルになりました。


高加水生地にコーンと生のパクチー、または大葉をたっぷり入れて。
部屋いっぱいにパクチーと大葉のいい香りが漂います。
ボウルの中でパンチでつないでいく生地のため
洗いものも少なく、仕込みはお手軽です。

ただ、かなり緩い生地のため、ベタベタとして成形は少々大変。
生地を扱いやすくするため、直前まで冷蔵庫に入れておいて
冷やした生地を成形していきます。
みなさん少し苦労されていましたが、全員無事にスリムパウンド型におさまりました。

上手に成型できると、焼き上がりの断面はキラキラとした気泡膜がたくさんある
腰高のパンになります。
丸1本お持ち帰りなので、焼き上がりを切って断面を確認することはできませんが
みなさんとても窯伸びして高さのあるものが焼けていたので
断面の気泡も期待できそうです。

ランチはパクチーによく合うグリーンカレーに夏野菜のグリルをトッピング。
かなり辛いですが、みなさん平気で召し上がっていました。
そのカレーの辛さにも負けない、パンのパクチー風味。
大葉もしっかり香ります。

辛いカレーの後は、やさしい甘さのココナッツミルクのチェー。
これは昔、料理家の先生のもとで働いていた時に
ベトナム料理教室の回の時に作っていたもの。
パイナップルとバナナ、豆腐でこねた小粒の白玉を入れて
冷たく冷やした、夏にぴったりのデザートです。

今月もまだまだレッスンは続きます。
おかげさまでご予約満席をいただいておりますが
キャンセルが出た場合はブログの日程の投稿(ひとつ前の記事)の内容を
更新してお伝えしますので、ご希望の方はチェックください。







2017年6月2日金曜日

6月の教室の日程・内容(コーンとパクチーのパン)

6月の教室の日程と内容が決まりました。



2017年6月の自家製酵母パン教室

【メニュー】
コーンとパクチーのもっちり高加水パン

久々に加水が高い生地です。
しっとりもちもちとした生地に、これからが旬のコーンとパクチーを入れて
焼き上げます。
パクチーが苦手な方は、大葉でご用意します。

こちらのパン、じつは先日阿蘇に行った際にお邪魔した
パンダイゴさんというパン屋さんにランチに出していただいた
コーンとパクチーのパンがとっても美味しくて。
私なりに生地配合やフィリング量を試作して再現レシピを作ってみました。
そのまま食べても、スパイス系のエスニック料理と合わせてもよさそうです◎
パンダイゴさんごめんなさいパクりました。
でも、レシピは完全オリジナルだからいいよね♡


型で焼いていくか、リュスティックのように切りっぱなしで焼いていくか
今検討中です。
また、今回の公募は梅酵母またはレーズン酵母を予定しています。
(梅酵母でも教室自体は開催できますが、6月後半は梅の時期が終わりに差し掛かるということもあり、せっかくお伝えしてもおうちで実践できない恐れがあるため)

【日時】
各回10時〜13時半、定員6名
(最低4名以上での開催になります)
6月19日(月)満席
6月20日(火)あと1名
6月25日(日)満席
6月26日(月)満席  
6月29日(木)満席

※6月15日時点での状況です。キャンセルなどで変動している場合もございますので、
最新の空き状況はお尋ねください。

【料金】
レッスン料4500円
レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。

ご希望の方はレーズン酵母を仕込んでお持ち帰りいただけます。
※レーズン酵母は事前のお申し込みは不要です。当日お申し出になってください。
(瓶代100円+レーズン代100円)

【持ち物】
エプロン、ハンドタオル、筆記用具、容量1000cc程度のタッパー
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
タッパーは、教室で捏ねた生地を持ち帰るのに必要です。
生地が発酵しやすく出しやすい、7〜8cm以上の高さのある角型タッパーが望ましいです。酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。
瓶はこちらでご用意することも可能です(100円)。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、
教室のご予約方法、ご注意点 を必ずご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室の場所、キャンセル料についてなど記載しております。

それでは、ご予約お待ちしております◎

5月の教室の様子

5月の教室、全日程が終了しました。
今月もたくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございました。
また、オーブン故障のためやむを得ず中止とさせていただきました2日程に
お申し込みのみなさま、大変申し訳ありませんでした。

5月は比較的こねやすい加水が少なめの生地で
こね方やこね上がりの見極めをお伝えしたいと思い、
バターロールを作りました。
また、バターロール成型はぐるぐると単純で簡単そうに見えて
実際はとても奥深いものです。
のっぺりロールを防ぐためのコツもいろいろとお伝えさせていただきました。























みなさんそれぞれに表情があります。
綺麗なロールが仕上がるのがベストですが、
多少いびつでも自分でつくると愛着がわいてくるものです◎


























内層はこんな感じ。
ふんわりとしながらも、しっかりとしたキメがあって食べ応えがあります。




























ランチはプレーンのほうは海老とアボカドのサンドに。
黒糖ロールのほうは、焼きたてをバターで。
私の実家で育った新玉ねぎをじっくり炒めたオニオンスープとともに
お召し上がりいただきました。




























みなさんぺろりと2個完食◎
バターロールはやっぱりみんな大好きなほっとする味ですよね。
お子さまや、ハードが苦手な男性の方(なぜか男性はハード嫌いが多いですよね)
にも喜んでいただけるパンだと思います。
おうちでもうまく焼けました!とメールもたくさんいただきました。

今月もありがとうございました。

2017年4月30日日曜日

5月の教室の日程・内容(バターロール、黒糖ロール)

5月の教室の日程と内容が決まりました。




2017年5月の自家製酵母パン教室

【メニュー】
バターロール、黒糖ロール
今回はベーシックなバターロールです。
スコーンや捏ねないハード系生地が最近続いていたのもあり、
「こね方のおさらいをしたい」とおっしゃる生徒さんが意外に多かったため、
基本に立ち返ってみました。
簡単なようで意外とおお難しいロール成形ですが
自分で巻き巻きすると可愛さもひとしおです◎
この昔ながらのレトロな佇まい、たまりませんね。

きめ細かな生地、ふんわりとした食感、しっかりとした弾力は
市販の軽いバターロールにはない、手作りならではの美味しさ。
これはぜひ、焼きたて冷めたてをかぶりついていただきたい!
ランチには、サンドにできるような具を考えています。


【日時】
各回10時〜13時半、定員6名 ←5名から6名に増やしました
(最低3名以上での開催になります)
5月19日(金)満席
5月21日(日)満席
5月25日(木)満席
5月26日(金)満席  
5月29日(月)満席

※5月2日時点での状況です。キャンセルなどで変動している場合もございますので、
最新の空き状況はお尋ねください。

【料金】
レッスン料4000円+ご希望の方は酵母代別途200円
レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。
ご希望の方はレーズン酵母を仕込んでお持ち帰りいただけます。
※レーズン酵母は事前のお申し込みは不要です。当日お申し出になってください。
(瓶代100円+材料費別途100円)

【持ち物】
エプロン、ハンドタオル、筆記用具、容量1000cc程度のタッパー
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
タッパーは、教室で捏ねた生地を持ち帰るのに必要です。
生地が発酵しやすく出しやすい、7〜8cm以上の高さのある角型タッパーが望ましいです。酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。
瓶はこちらでご用意することも可能です(100円)。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、
教室のご予約方法、ご注意点 を必ずご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室の場所、キャンセル料についてなど記載しております。

それでは、ご予約お待ちしております◎

2017年4月27日木曜日

4月の教室の様子


 4月の教室は苺酵母のスコーンです。
苺酵母をブレンダーでピュレ状にして生地に混ぜ込みます。
バターが香る生地に、ほんのり苺の香り。
胡桃がいい食感のアクセントになっています。


ランチは筍のショートパスタ。
新玉ねぎと鶏ひき肉のソースで和えて、仕上げにパルミジャーノをひと削り。
これは以前、私のお友達が作ってくれた筍とタップナードのパスタをヒントに
筍と相性のよい鶏肉でアレンジしてみました。
豚肉で作っても美味しいですが、鶏肉の方が油がくどくなく、
冷めてもしっとりと美味しいです。
作り置きに重宝します。


         

スコーンには水切りヨーグルトとフレッシュ苺を添えます。
苺ジャムを添えても美味しいのですが、
スコーンの繊細な苺の香りがジャムの味に負けてしまうので、
今回はシンプルに楽しみます。


酵母のスコーンは1〜4日間じっくりと生地を寝かせるため
中がしっとり、外は焼き込んでざっくりとして
ベーキングパウダーのスコーンとはまたひと味違った美味しさです。
酵母が粉のうまみを引き出してくれるのも、酵母スコーンのいいところ。
数日前に仕込んで作り置きしておけば、
お客さまのおもてなしにもさっと焼けて便利。
シンプルに酵母の香りを活かしたり、
フィリングをたっぷり入れて食べごたえを出したり、
アレンジの幅も広がる楽しいスコーンです。


2017年3月31日金曜日

4月の教室の日程・内容(苺酵母スコーン)

4月の教室の日程と内容が決まりました。


※写真は正確には苺酵母スコーンではありませんが、
イメージとしてはこのような感じです。


2017年4月の自家製酵母パン教室

【メニュー】
いちご酵母のスコーン
先月に引き続きいちご酵母で、今回はスコーンをつくります。
いちご酵母液と果肉を練り込み、ふわりといちごが香るスコーンです。
卵もバターも牛乳も使うリッチな配合です。
酵母でじっくり寝かせた生地は、外側ざくざく中しっとり、
ベーキングパウダーで作るスコーンとはひと味違う仕上がりです。
生地を寝かせる日数で食感が変わってくるのも
酵母スコーンの面白いところです。

【日時】
各回10時〜13時半、定員6名(最低3名以上での開催になります)
4月20日(木)満席
4月24日(月)満席
4月27日(木)満席
4月28日(金)満席  
4月30日(日)満席

※4月1日時点での状況です。キャンセルなどで変動している場合もございますので、
最新の空き状況はお尋ねください。

【料金】
レッスン料4500円+ご希望の方は酵母代別途300円程度

レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。
今回ご希望の方は苺酵母を仕込んでお持ち帰りいただけます。
いちごの仕入れのため、酵母持ち帰りをご希望の方はレッスン参加日の2日前までにその旨をお知らせください。
(瓶代100円+材料費別途200円程度(苺1/2パック相当の金額になる予定です))

【持ち物】
エプロン、ハンドタオル、筆記用具、底面12×20cm程度の底の平らな手提げ袋
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
仕込んだスコーン生地を水平に保って持ち帰るための
底面が広い袋をお持ちください。
今回はタッパーは不要です。
酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。
瓶はこちならでご用意することも可能です(100円)。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、
教室のご予約方法、ご注意点 をご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室の場所、キャンセル料についてなど
記載しております。

それでは、ご予約お待ちしております◎

2017年3月27日月曜日

教室の日程の公開時期についてのお知らせ

最近新しい方のお問い合わせが増えております。
ご興味を持ってくださり、誠にありがとうございます。

毎月の教室の日程をこちらのブログで公開するのは、前月の末日ごろになります。
例えば4月の日程は、3月31日ごろ、といった感じです。

というのも、
現在教室は月の後半に集中して開催しており、
開催日に生徒さんのご都合をおうかがいしながら日程を調整しております。
できる限り現在お越しくださっている生徒さんをまず優先的にご案内し、
その後に空き状況をブログに掲載する、といった流れにしております。

ただ、今の生徒さんのご予約でほぼすべての日程が埋まることもありますので、
その際は、新たに日程を追加して公開させていただくようにいたします。

参加をご検討されている皆さま、
どうか今しばらくお待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。


西日本新聞に掲載されました


3月26日発行の西日本新聞日曜版・全九州版の一面に、
チコパンが掲載されました。

うちの雑雑とした昭和な台所があらわになり、
穴があったら入りたい感じですが…
こんなことならもっとスッキリさせておけばよかった。。

九州のご購読のみなさま、よろしければご覧くださいね。

掲載されてから早速、教室のお問い合わせもたくさんいただいております。
お返事まで今しばらくお待ちくださいませ。



清川150マーケット終了しました



昨日3月26日、
清川ロータリープレイスで開催された「清川150マーケット」に
チコパンが出店させていただきました。

たくさんの方々にご購入いただき、おかげさまで完売となりました。
その場でお召し上がりいただくお客様も多くいらっしゃり、
焼き戻してご提供できなかったのが残念でしたが、
それでも「美味しかった!」と伝えに戻ってきてくださった方もたくさんいて
とても嬉しかったです。

お越しくださった皆様、ありがとうございました!


そして販売サポートのMちゃん、本当に助かりました!ありがとう。
このイベントにお声がけくださった主催のスペースRデザインのゆきこさん、
ありがとうございました。またよろしくお願いします◎



Mちゃんが撮ってくれた販売中のわたし。笑

2017年3月6日月曜日

西日本新聞に掲載されます


チコパン、初めてプロに取られるの図。

先週、西日本新聞様に取材していただきました。
パン教室を中心とした私の活動のお話をしました。

過去少しだけ、取材をする側の仕事をしていたこともありましたが、
初めて取材を受ける側になってみて、
伝えたいことを分かりやすく簡潔に話すというのは
あらためて難しいことだな、と感じました。


3月26日、日曜版「Leaf」全九州版の一面だそうです。
顔、引きつってないといいな…

西日本新聞をご購読の九州のみなさま、
よろしければご覧くださいね◎


↑撮られる私を夫が撮影。



3月26日清川イコーマーケットに出店します



イベントのお知らせです。

2017年3月26日(日)、
福岡市中央区清川の清川ロータリープレイスにて行われる
「150(イコー)マーケット」にチコパンが出店させていただきます。

◎清川ロータリースペースって?(以下スペースRデザインさまより抜粋)
新高砂マンションというレトロビル1階にあるシゴトバ複合施設。店舗・スタジオ・オフィスといったオフィシャルな仕事スペースと、ラウンジやレンタルスペース、アウトドア空間といったオープンなコモンスペースを兼ね備えています。拠点を構える人たちには自由な活動の場、外から訪れる人たちには様々な出会いと発見の場となるようなまちの広場を目指します。

私も初めて行く場所なのですが、なんだか面白そうな予感です!
3月26日は、清川ロータリースペースにて様々なジャンルのつくり手が10店舗ほど集い、お祭りのような賑やかなイベントになるようです。
DIY塗装ワークショップやアウトドア系の遊べるスペースなどもあり、
お子さま連れの方にも楽しんでいただけるのではないかと思います。


チコパンも自家製酵母パンやスコーンなどをたくさんお持ちする予定です。
気温も暖かく過ごしやすくなる3月、ぜひ遊びにおいでくださいね。



















清川150マーケット
【日時】2017年3月26日(日)11:00〜17:00
【場所】清川ロータリープレイス(福岡市中央区清川2-4-29 新高砂マンション1階)

◆webイベントページ
http://www.space-r.net/event/150market
◆facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1812067615710739/

2017年2月28日火曜日

2月の教室のようす



2月、ショコラオランジュの教室が全日程終わりました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

酒粕酵母はとても起こしやすく、
酵母液をそのまま生地に混ぜて手軽に使えるので、
ほとんどの方が酵母のお持ち帰りを希望されました。




酒粕とチョコレートの組み合わせにはじめはためらわれる方もいらっしゃしましたが、
洋酒入りのチョコレートがあるように、
酒粕とチョコレートもまた意外と合うんです◎
実際に試食していただいて、とてもご好評をいただきました。

3月は苺酵母の白パンです。
春にぴったりのパンをお楽しみに!







3月の教室の日程追加しました

3月の教室の日程が足りず、開催日を1日追加しました。
まだ空きがございますので、ご希望の方はどうぞご連絡ください。

詳しくは  3月の教室の日程・内容(苺酵母白パン)
をご覧ください。

よろしくお願いいたします。

2017年2月26日日曜日

3月の臨時教室の日程、内容(ベーグル)

1月にレッスンに来れなかった方と、
遠方から帰省される方からリクエストをいただき、
3月に1回だけベーグルの再レッスンをすることにしました。

2017年3月の自家製酵母パン教室(臨時:ベーグル)

【メニュー】
ベーグル2種(ほうれん草ベーグル、プレッツェルベーグル)
@酒粕酵母ストレート
※1月は林檎酵母元種でしたが、今回は酒粕酵母ストレートで作ります。

旬のほうれん草をたっぷり練り込んだベーグルはとても香りがよくて食べやすいので
野菜嫌い時期の小さなお子さまにもおすすめです。
葉野菜を練り込むパンは水分量の調節が難しいですが、
練り込む際の下処理方法や水分のめやすについてお伝えします。

プレッツェルベーグルはケトリングのお湯にひと工夫して、
プレッツェルの色と風味をつける方法をご紹介します。
今回はシンプルにカマルグの塩をトッピングして、
そのまま食べてもサンドにしても美味しいプレッツェルベーグルにします。

【日時】
10時〜14時、定員5名
3月31日(火)満席  ありがとうございます

【料金】
レッスン料4000円+ご希望の方は酒粕酵母代200円

レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。
今回ご希望の方は酒粕酵母を仕込んでお持ち帰りいただけます。
(材料費100円+瓶代100円)

【持ち物】
エプロン、ハンドタオル、筆記用具、容量1000cc程度のタッパー、
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
タッパーは、教室で捏ねた生地を持ち帰るのに必要です。
生地が発酵しやすく出しやすい、7〜8cm以上の高さのある角型タッパーが望ましいです。
酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。

瓶はこちらでご用意することも可能です(100円)。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、
教室のご予約方法、ご注意点 をご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室の場所、キャンセル料についてなど
記載しております。

それでは、ご予約お待ちしております◎






2017年2月22日水曜日

3月の教室の日程・内容(苺酵母白パン)

しっとりと雨が降ったり止んだりの福岡です。
寒い日があるかと思うと少し暖かい日もあったりして、
少しずつ春の気配を感じます。

3月の教室の日程と内容が決まりました。




2017年3月の自家製酵母パン教室

【メニュー】
いちご酵母の白パン

今からが旬のいちご酵母で、ふわっふわの白パンをつくります。
仕込みの水分は酵母液と牛乳のみ。
酵母に使った苺の果肉も贅沢に練りこんで、苺の風味たっぷりに仕上げます。
焼きたてはふんわり軽く、冷めてもしっとりとした食感が続きます。
今から5月の苺シーズンの終わりごろまで、
ぜひ何度も繰り返し作って楽しんでいただきたいレシピです

成形は、可愛いおしり形にするか、セルクルで上品な丸型にするか、
迷っています…。どっちも捨てがたい!
試作の写真ができ次第アップします。

【日時】
各回10時〜14時、定員5名(最低3名以上での開催になります)
3月19日(日)満席
3月21日(火)満席
3月22日(水)満席
3月24日(金)満席    
3月28日(火)満席
3月29日(水)満席
※3月7日時点での状況です。キャンセルなどで変動している場合もございますので、
最新の空き状況はお尋ねください。

【料金】
レッスン料4000円+ご希望の方は酵母代別途300〜450円(料金未定。決まり次第おしらせします)

レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。
今回ご希望の方は苺酵母を仕込んでお持ち帰りいただけます。
(瓶代100円+材料費別途200〜250円(苺1/2パック相当の金額になる予定です))

【持ち物】
エプロン、ハンドタオル、筆記用具、容量1000cc程度のタッパー、
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
タッパーは、教室で捏ねた生地を持ち帰るのに必要です。
生地が発酵しやすく出しやすい、7〜8cm以上の高さのある角型タッパーが望ましいです。
酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。

瓶はこちらでご用意することも可能です(100円)。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、
教室のご予約方法、ご注意点 をご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室の場所、キャンセル料についてなど
記載しております。

それでは、ご予約お待ちしております◎

2017年2月1日水曜日

2月の教室の日程、内容

2月の教室の日程と内容が決まりました。

2017年2月の自家製酵母パン教室

【メニュー】
ショコラオランジュ @酒粕酵母

濃厚なココアの高加水生地に、チョコレートとオレンジピールを
たっぷり入れて焼き上げるセミハードパンです。
焼きたてのクラストはパリッと、中はふんわりとして
まろやかなチョコレートのこくとオレンジのアクセントが楽しめます。
冷めても生地はもっちりしっとりとやわらかく、
チョコレートの粒感が際立ちます。
また、今回は酒粕酵母の酵母液をストレートで使っていきますので
チョコレートの風味の中にわずかにふわりと酒粕の香りがします。
洋酒入りのチョコレートがあるように、酒粕とチョコレートもまたよく合うんです!
今回は台の上でこねずに、ボウルの中で生地をつないでいくこね方なので
とっても楽です◎
お家でも気軽に作っていただけると思います。

【日時】
各回10時〜14時、定員6名
2月16日(木)あと2人  終了しました
2月19日(日)満席     終了しました
2月21日(火)満席     終了しました
2月23日(木)あと1人
1月31日(火)満席
※2月22日時点での空き状況です。変動している場合もございますので、
最新の空き状況はお尋ねください。

【料金】
レッスン料4500円+ご希望の方は酵母代200円

レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。
今回ご希望の方は酒粕酵母を仕込んでお持ち帰りいただけます。
(材料費100円+瓶代100円)

【持ち物】
エプロン、ハンドタオル、筆記用具、容量1000cc程度のタッパー、
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
タッパーは、教室で捏ねた生地を持ち帰るのに必要です。
生地が発酵しやすく出しやすい、7〜8cm以上の高さのある角型タッパーが望ましいです。
酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。

瓶はこちらでご用意することも可能です(100円)。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、
教室のご予約方法、ご注意点 をご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室の場所、キャンセル料についてなど
記載しております。

それでは、ご予約お待ちしております◎






2017年1月6日金曜日

1月の教室の日程・内容

あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
今年もチコパン教室をどうぞよろしくお願いいたします。


2017年1月の自家製酵母パン教室

【メニュー】
ベーグル2種(ほうれん草ベーグル、プレッツェルベーグル)

旬のほうれん草をたっぷり練り込んだベーグルはとても香りがよくて食べやすいので
野菜嫌い時期の小さなお子さまにもおすすめです。
葉野菜を練り込むパンは水分量の調節が難しいですが、
練り込む際の下処理方法や水分のめやすについてお伝えします。

プレッツェルベーグルはケトリングのお湯にひと工夫して、
プレッツェルの色と風味をつける方法をご紹介します。
今回はシンプルにカマルグの塩をトッピングして、
そのまま食べてもサンドにしても美味しいプレッツェルベーグルにします。

【日時】
各回10時〜14時、定員6名
1月22日(日)あと2人  終了しました
1月24日(火)満席     終了しました
1月25日(水)あと1人  終了しました
1月30日(月)満席     終了しました
1月31日(火)満席     終了しました

【料金】
レッスン料4000円+ご希望の方は酵母代200円

レッスン料にはレシピ代、焼成生地、持ち帰り生地、ご試食ランチ代が含まれます。
今回ご希望の方は林檎酵母を仕込んでお持ち帰りいただけます。
(材料費100円+瓶代100円)

【持ち物】
エプロン、ハンドタオル、筆記用具、容量1000cc程度のタッパー、
酵母用の450〜500cc程度の耐熱瓶(ご希望の方のみ)
タッパーは、教室で捏ねた生地を持ち帰るのに必要です。
生地が発酵しやすく出しやすい、7〜8cm以上の高さのある角型タッパーが望ましいです。
酵母の持ち帰りを希望の方は、熱湯消毒が可能な密閉できるガラス瓶をお持ちください。

瓶はこちらでご用意することも可能です(100円)。

初めてご予約、お問い合わせいただく方は、
教室のご予約方法、ご注意点 をご一読ください。
連絡先メールアドレスや教室の場所、キャンセル料についてなど
記載しております。

それでは、ご予約お待ちしております◎